連結のミスで乗客負傷

2013年09月10日 06:29

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレスの近郊鉄道で、乗客が負傷したという。

この事故が起きたのはサンマルティン線のレティーロ駅だ。
乗客を乗せた編成が、連結作業を行なったという。
この際、操作のミスから大きい衝撃が伝わり、乗客に負傷者が出た、

このうち重傷の65歳の男性については、頭蓋骨損傷により市内の病院に緊急搬送されている。
このほか12人が軽傷を負った。
この事態で、サンマルティン線の列車は一部で遅れが生じている。



最近の記事