シカシカ、ロバ肉の告発

2013年09月10日 08:16

La Razónの記事
ボリビアラパス県のシカシカで、ロバ肉が告発された。

きっかけとなったのは、ロバのものとみられる骨だ。
この骨が、地域を流れる川に不法投棄される事態が、相次いでいるという。
ロバ肉を、牛肉などに偽り、何者かが出荷している可能性が指摘されている。

ロバ肉の偽装は、実は国内で比較的多く発生している事件だ。
告発を受けたシカシカの行政は、この骨を捨てている者の特定を急いでいる。
偽装肉はラパスエルアルトなどの大市場に向かった可能性が高い。



最近の記事