サンマルティン線、スト回避

2013年09月11日 07:12

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレスの近郊鉄道サンマルティン線は、ストライキを回避した。

同路線の労働組合は10日、ストライキを予告していた。
この路線のピラール-レティーロを結ぶ列車で、事故が発生した。
この事故の責任追及のため、この列車の操縦士などが警察に拘束されたことに、抗議するためだ。

組合側は、この職員らの即時解放を求めていた。
この解放が実現したことを受け、組合側はストライキの回避を決断したという。
レティーロ駅の4番ホームで起きたこの衝突事故では、11人が負傷している。



最近の記事