ノロウイルス汚染、3千人

2013年09月11日 07:48

BioBio Chileの記事
チリ第4(コキンボ)州で、ノロウイルスに感染した人の数は、3千人となったという。

同州の保健局が明らかにした数字だ。
太平洋岸のオバジェで、嘔吐や下痢などの中毒症状を示す人が激増した。
保健当局が検体をサンティアゴに送り、ノロウイルスの集団感染であることが明らかになっている。

この集団感染は、水道水を通じて広がったとみられている。
保健当局は、浄水施設で、消毒殺菌用の塩素剤が、通常より少なかったと分析している。
症状を呈していない市民の間でも、このウイルス感染に対する不安感が高まっている。



最近の記事