チンチェロ、遅れは許さない

2013年09月11日 08:21

La Repúblicaの記事
ペルークスコ県は新空港建設プロセスの遅れを許さない、とした。

同県の経済開発局のダニエル・マラビ氏が語ったものだ。
クスコアレハンドロ・ベラスコ・アステテ空港はキャパシティが、すでに限界を迎えている。
そこで、バジェ・サグラド(聖なる谷)のチンチェロに、新空港を建設する計画が進められている。

この建設プロセスについて、用地取得の難航などから、遅れる可能性を交通通信省が示した。
しかしクマラビ氏は、この空港の完成は死活問題で、遅れは許されない、と強い言葉を発した。
「新空港の建設は、クスコ県民が30年間も待ち続けていた事業だ」



最近の記事