ティキパヤは封鎖中

2013年09月12日 08:28

Los Tiemposの記事
ボリビアコチャバンバ県のティキパヤは、無期限の社会闘争に突入した。

市議会と市民グループは12日、市内9個所で、道路のブロック封鎖を始めている。
この社会闘争は、市内の「第6区」の47ヘクタールの土地をめぐるものだ。
建設会社Consarq社と、市側との間でこの土地の取り扱いをめぐる対立が起きている。

封鎖は市内とコルカピルワを結ぶレドゥクト通りなどで行なわれている。
この封鎖は概ね平穏に行なわれているものの、車の交通は難しくなっている状況だ。



最近の記事