オルーロ、ラリーに期待

2013年09月12日 08:41

La Patríaの記事
ボリビアオルーロ県ではダカールラリーへの期待が一気に高まった。

アフリカからルートを南米に移して6回めにして、このラリーがボリビアで行なわれる。
来年1月、ポトシ県のビジャソンからリペス山地を経て、ウユニ塩湖に至るルートで開催されることになっていた。
この主催者側から、ウユニからさらにオルーロ県内に、ルートが至ることが発表された。

ボリビア政府が国内開催を誘致する際、オルーロ県も県内通過を求めていた。
今回、思わぬ形でこの県内通過が実現することになり、オルーロ県内で、観光振興への期待が高まっている。
今回示された詳しいルートでは、このラリーはオルーロ県のトゥヌパ火山付近を通過する。

これで、このラリーは国内では全長830キロにわたり、行なわれることになった。
2014年ラリーはアルゼンチンロサリオを発ち、チリのバルパライソに至るルートで開催される。



最近の記事