国産キヌア、中米で関税免除か

2013年09月12日 09:08

La Razónの記事
ボリビア産のキヌアについて、中米各国は関税を免除する可能性がある。

コスタリカで開催されている中米経済担当閣僚理事会(COMIECO)の場で、議論されているものだ。
ボリビア産のキヌアについて、中米各国は、関税を免除する可能性があるという。
実現すれば国産キヌアの消費拡大には、大き追い風となる。

ホウレンソウと同じアカザ科のキヌアは、栄養価の高さから世界的に注目が集まっている。
国内ではラパスオルーロポトシ各県が、キヌアの産地だ。
免税となる可能性があるのは、コスタリカ、ホンジュラスグアテマラエルサルバドルニカラグアの各国だ。



最近の記事