Baci、エクアドル再上陸

2013年09月13日 05:56

El Comercioの記事
イタリアのチョコレート「Baci」(バーチ)が、エクアドル市場に再参入するという。

11日、このBaciを展開するPerugina社が明らかにしたものだ。
グアヤキルで会見を開き、新たにImpormass社が輸入し、国内でこのチョコレートを販売するという。
同社の製品の国内販売は、2005年以来、8年ぶりとなる。

このBaciの商品は、エクアドル国内市場においてとくに1990年代、消費が伸びた。
当時はネッスル社が輸入、販売を請け負っていた。
Baciのマリア・グレシア・グティエレス氏は、「多くの世代に親しみのある商品」として、再参入を決めたと語った。



最近の記事