チンボテ、バスが民家に突っ込む

2013年09月13日 07:25

La Repúblicaの記事
ペルーアンカッシュ県のチンボテで、バスが民家に突っ込んだ。

12日朝、事故が起きたのは市内のパルド通りだ。
トランスビサ社のバスが、道路沿いの民家に正面から突っ込んだ。
この事故でバスの乗客ら15人が、重軽傷を負っている。

警察によると、当時この道路の路面は雨のため濡れていて、事故を誘発した可能性があるという。
このバスは、ピウラ県のスジャナから、リマに向かう途中だった。
乗客の中には、ハイチから仕事のため入国した7人も含まれていた。



最近の記事