ケラピ、集団移転へ

2013年09月13日 07:38

Perú21の記事
ペルーモケグア県のケラピの集落は、集団移転となる見通しだ。

アレキパから70キロ、同県のウビナス火山はこの1日、大きな爆発を起こした。
以後、この火山の爆発は相次ぎ、火山周辺の10のコミュニティが、火山灰などの影響を受けている。
火山にもっとも近いケラピは、とくにこの影響が顕著だ。

モケグア県と国は、このケラピの25世帯について、集団移転を目指す方針だ。
移転先を選定し、1年後までに移転を完了させたいという。
この集団移転には、1千万ソルの予算が必要と見積もられた。



最近の記事