フアン・バルデス、ペルー13店体制へ

2013年09月14日 05:56

Caracol Radioの記事
コロンビアのコーヒーチェーン、フアン・バルデス・カフェはペルー国内13店体制となる。

フアン・バルデスは国内コーヒー生産者の団体が関わる、コロンビア産コーヒー豆を使用するカフェだ。
現在同チェーンは、コロンビア国内22都市に、170店を展開している。
また米国、メキシコ、パナマ、アルーバ、エクアドル、ペルー、チリに合わせて68店がある。

同チェーンがペルーに進出したのは今年で、この5カ月で8店を開店した。
すでにリマのほかカジャオトルヒーリョピウラに出店しており、先週にはアレキパに上陸した。
そして年内に、新たに5店舗を設け、13店体制とするという。

ペルー国内にはすでにスターバックスが進出して長く、都市部では高品質のコーヒーの需要は十分あるという。
今後リマの商業施設ラルコマールや、クスコへ出店する予定だ。

スタバ、2014年ボゴタに(8月28日) ■フアン・バルデス、マイアミに(2012年1月11日)



最近の記事