サンティアゴ、脱出ピーク

2013年09月14日 06:58

La Terceraの記事
チリサンティアゴは13日、脱出のピークを迎えている。

この18日は独立記念日で、パトリアス祭の連休に入る。
この週末、サンティアゴからは国内外に向かう人が大きく増える。
13日は、とくにサンティアゴ脱出のピークとなる見込みだ。

アルトゥロ・メリノ・ベニテス国際空港からはこの日だけで、2万1千人が国内外に飛び立つ。
空港側によると、パトリアス祭期間中のこの空港の総利用者は61万5千人に達する見通しだ。
今のところ、空港では大きなトラブルはなく、平常どおり動いているという。

また旅行のためサンティアゴをこの日、脱出する車の数は20万台に達するとみられている。



最近の記事