タクシーメーター、義務づけへ

2013年09月14日 08:53

El Deberの記事
ボリビアサンタクルスではタクシーへのメーター据えつけが、義務化される。

市内を走行するタクシーの運賃は、現在は交渉性となっている。
しかしとくに外国人観光客やビジネス客から、料金が分かりにくいとの声が上がっていた。
これを受け、市議会はタクシーへのメーター据えつけを義務化することを決めた。

このメーター据えつけには、タクシー事業者からは反対意見もあった。
しかし市議会側はこれを強行することとなった。
今後120日間の猶予期間を経て、営業するすべてのタクシー車輌にメーターが据えつけられることになる。

ラパスコチャバンバオルーロスクレなどほかの都市では、まだメーターは導入されていない。



最近の記事