オルーロもダカール投資

2013年09月14日 09:03

La Razónの記事
ボリビアオルーロ県もダカールラリー関連で、観光分野に投資を行なう。

2014年、南米開催6度めにして、ダカールラリーがボリビア国内を通過する。
主催側はビジャソンからリペス山脈をぬけ、ウユニ塩湖に至るルートを発表していた。
当初、ポトシ県内のみの通過とみられたが、オルーロ県南部にも至ることが後に明らかになった。

オルーロ県はこの発表を受け、2百万ボリビアーノの投資を行なうことを明らかにした。
ルートとなるプキ、ヒリラ、トゥヌパ塩湖周辺への、観光インフラに投資する。
オルーロ県内でラリーが行なわれるのは、1月13日となる見通しだ。

2014年のラリーはアルゼンチンロサリオを発ち、チリバルパライソに至るルートで開催される。



最近の記事