AR、バリロチェに譲る

2013年09月15日 06:14

Télamの記事
アルゼンチン航空が、歴史的建造物を行政側に譲った。

譲ったのは、リオ・ネグロ州のバリロチェにある建物だ。
同社は新しいオフィスに移転し、この歴史的な建物を離れることとなった。
マリアノ・レカルデ会長がこの町を訪れ、市長との間で譲渡に合意した。

バリロチェは国内有数の観光地で、アルゼンチン航空ブエノスアイレスなどとの間に便を持つ。
しかし2011年6月、チリ第10(ロス・ラゴス)州の火山が噴火し、バリロチェの空港は半年間、閉鎖された。
リカルデ会長は、バリロチェでの営業について、今も緩やかに回復している、と語った。



最近の記事