スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チリ、混み合うも平常どおり

2013年09月15日 06:53

24horasの記事
チリ国内の交通は、混雑しているものの大きな混乱は起きていないという。

18日はチリの独立記念日で、この週末からはパトリアス祭の連休だ。
多くの国民が国内外を旅行するため、セマナサンタ(聖週間)と並ぶ、交通の繁忙期となっている。
とくにサンティアゴ都市圏からは多くの人が、車や列車、飛行機で町を脱出している。

国内の主な国道や高速道路は、区間によって通行量が非常に多い状態だ。
一部では渋滞も起きているが、概ね順調に流れているという。
またアルトゥロ・メリノ・ベニテス国際空港は人々でごった返しているものの、便の発着に混乱はない。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。