スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティキーナ、封鎖解除

2013年09月15日 09:11

Página Sieteの記事
ボリビアラパス県のティキーナでは、道路封鎖が解除された。

ティキーナラパス市とペルー国境、コパカバーナを結ぶ途中にある。
ティティカカ湖の、ティキーナ湖峡を挟む、2つの集落からなるコミュニティだ。
このティキーナの人々は先週から、道路のブロック封鎖を行なっていた。

この封鎖は、昨年11月21日に行なわれたセンソ(国勢調査)の結果に対し、圧力をかけたものだ。
コミュニティ側は、人口が減ったことによる、公共投資などへの影響を懸念した。
しかしセサル・コカリコ知事側との会談で、投資への影響はないとの言質を得て、封鎖解除に踏み切った。

同様のストは11日、ラパス市内でも行なわれ、オルーロなど各地に向かうバスの便が一時、差し止められている。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。