アビアンカ機、ボリビアに緊急着陸

2013年09月16日 05:17

Caracol Radioの記事
コロンビアアビアンカ航空の旅客機が、ボリビア国内の空港に緊急着陸した。

緊急着陸したのはボゴタから、アルゼンチンブエノスアイレスに向かっていた便だ。
乗客252人、乗務員10人が乗ったエアバスA330型機は、サンタクルスビルビル国際空港に緊急着陸した。
この緊急着陸による、負傷者などはないという。

この事態は、機体の燃料漏れを示すサインが生じ、機長が着陸を判断したことによる。
乗客らはこの夜、サンタクルス市内のホテルに一泊し、アビアンカ航空が用意した別の旅客機でリマに向かった。
リマを経由し、アビアンカ航空の複数の便で、目的地のブエノスアイレスに到着したという。



最近の記事