スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルドバ、8日ぶりに鎮火

2013年09月16日 05:55

Clarín.comの記事
アルゼンチンコルドバ州での林野火災は15日、ようやく鎮火に至ったという。

コルドバ州では8日前から、各地で林野火災が発生していた。
消防によると、州内で確認されていた最後の火元が消され、鎮火が宣言された。
州内で焼失した面積は5万ヘクタールで、このうちカラムチタは2万5千ヘクタールを占める。

国内では高温、乾燥、強風から各地で林野火災が多発していた。
北はフフイ州から、南はリオ・ネグロ州に至る範囲で火があがっていた。
コルドバ州とともに、とくにサンルイス州、トゥクマン州で大きな被害が出ている。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。