ウマラ支持が急落

2013年09月16日 07:11

Los Andesの記事
ペルーオリャンタ・ウマラ大統領への支持が、急落した。

調査会社イプソス・アポヨが、世論調査を実施した。
この結果、ウマラ大統領を支持すると答えた国民は、27%となった。
この数字は、ウマラ大統領の就任以来、もっとも低い水準だ。

国民の67%は、ウマラ大統領が選挙公約を守っていないと評価している。
また政権の安全政策を評価していない人が49%、食料価格対策を評価しない人は39%だ。
また現政権の汚職問題を挙げた人は29%だ。

大統領をしのぐ人気のファーストレディ、ナディエ・エレディア氏の「支持率」は37%だ。
この調査は今月11~13日に、1200人を対象に行なわれた。



最近の記事