鶏肉価格が緊急事態

2013年09月16日 08:06

Los Tiemposの記事
ボリビア国内市場での鶏肉価格が、緊急事態となっているという。

鶏肉は、多くのボリビア国民の食卓を支える、重要な食材だ。
この鶏肉の価格が現在、大きく上昇しているという。
国内都市の市場では2週間前はキロ当たり13ボリビアーノだったが、今は17ボリビアーノまで上昇している。

この価格上昇の最大の理由は、鶏肉生産にかかる、コストの急激な上昇だ。
飼料や燃料の価格上昇で生産コストが上昇し、値上げせざるを得ない状況だという。
生産者側は利ザヤを小さくするなどの措置をとっているが、それでも上昇幅が大きい。

市場では、この価格上昇で鶏肉離れが起きることを懸念している。



最近の記事