CBBAにCelac誘致へ

2013年09月16日 08:29

La Razónの記事
ボリビアエボ・モラレス大統領は「Celac」のコチャバンバ誘致方針を示した。

誘致するのは中南米カリブ海諸国共同体(Celac)の議会だ。
コチャバンバは、南米諸国連合(Unasur)の議会首都となることが決まっている。
この議会が整備されるサンベニートに、合わせてCelacの議会も誘致しようという考えだ。

中南米カリブ海各国は、古くから米州機構に属している。
しかしこの機関は、米国の意向を強く反映しすぎる傾向があり、その弊害が指摘された。
このことから、北米を外す形のCelacが設立されるに至った。

サンベニートには4億5300万ボリビアーノが投じられ、Unasur議会庁舎が建設される。



最近の記事