カステラール事故、逮捕要求

2013年09月17日 06:24

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレスでこの6月13日に起きた列車事故で、運転手の逮捕が要求された。

事故が起きたのは、モロンのカステラール駅近くだ。
オンセに向かっていたサルミエント線の列車の追突事故が発生したものだ。
この事故で3人が死亡し、300人を超える負傷者を出した。

この事故原因について、専門チームによる精査が行なわれていた。
同チームは、追突した列車のブレーキが作動していなかったことを指摘している。
当初、ブレーキの不具合が原因とみられたが、運転手がブレーキをかけるタイミングが遅れたことが原因と指摘された。

この報告を受け、この追突列車の運転手の逮捕が、検察に対し要求された。
ブレーキの不具合を主張していた運転手の組合も、「遺憾な事態」と表している。



最近の記事