インカリャフタ観光投資

2013年09月17日 08:14

Los Tiemposの記事
ボリビアコチャバンバ県はインカリャフタへの観光インフラ投資を行なう。

同県のポコナにあるインカリャフタは、名前のとおりインカの遺跡だ。
県内のみならず、インカの遺跡としては国内最大規模でもある。
県は、このインフラ整備に5億6400ボリビアーノを投じるという。

県観光局のルイス・セルート氏は、インフラ整備への投資を「怠っていた」ことを認めた。
県によるこうした投資は6年間途絶えていて、インフラの陳腐化が進んでいたという。
この投資により、訪問者のいっそうの安全確保と、ビジュアルを含めた案内の設置を進める。



最近の記事