マンコ・カパック郡、M4.5の地震

2013年09月17日 08:33

La Razónの記事
ボリビアラパス県のマンコ・カパック郡で、マグニチュード4.5の地震が発生した。

地震が起きたのは16日午前1時30分頃のことだ。
マンコ・カパック郡はティティカカ湖にかかる、ティキーナ湖峡近くにある。
この地震の震源はコパカバーナの北東52キロ、ワリナから90キロの地点だ。

この地震の揺れは、一帯の広い範囲で感じた。
しかしこの地震による人や建物への被害は、とくに報告されていないという。
国内ではラパスオルーロポトシ県にまたがるアンデス山脈沿いで、震源の深い地震が起きやすい。



最近の記事