スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クスコ、夜間便は安全

2013年09月18日 07:59

Andinaの記事
ペルー交通通信省は、夜間の航空便は安全、と強調した。

安全性が強調されたのはクスコアレハンドロ・ベラスコ・アステテ空港だ。
この空港の供用時間を、現在の17時30分までから、19時45分まで延長する方針が示されている。
この延長時間帯の航空便の運航について、日中と同様に安全が保たれると同省は断じた。

この供用時間延長は、キャパシティが限界を迎えているこの空港の、発着枠の確保が目的だ。
しかしクスコ市は、市街地にあるこの空港の安全性や騒音を理由に、延長に反対の姿勢を示している。
これに対し交通通信省は、安全が担保されていると反論したものだ。

また交通通信省はこの供用時間延長措置を、来月から実施する方針も示した。
現在、この空港に代わる新空港を、バジェ・サグラド(聖なる谷)のチンチェロに建設する計画も進められている。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。