カラバイリョ、バスが燃える

2013年09月18日 08:12

Perú21の記事
ペルーリマ県のカラバイリョで、バス7台を焼く火災が起きた。

火災が起きたのは、地域のバス会社マチュピチュ社のターミナルだ。
トラピチェ通りとチンプー・オクリョ通りにあるこのターミナルのバスから火が出た。
火は燃え広がり、最終的に車輌7台を焼くに至った。

消防45人、ポンプ車5台が出動し、火は消し止められている。
ターミナル内にはガソリンも保管されていたため、消火作業は慎重を期した。
バス会社によると、この火災による損失は50万ドルにのぼるという。



最近の記事