空港のアンテナが倒れる

2013年09月18日 09:20

El Deberの記事
ボリビアサンタクルスのエル・トロンピーリョ空港で、アンテナが倒れた。

この事故が起きたのは17日に午前のことだ。
空港管理側が設けたアンテナが、突然倒れたという。
アンテナの土台が傷み、この事故に至ったとみられている。

この事故による人への被害はなく、滑走路など空港施設も被害は受けていない。
同空港からはボリビア空軍航空(TAM)とアエロコンが旅客便を運航しているが、いずれにも影響はない。
同空港は市街地に近く、ほとんどの国内線、国際線の便はビルビル国際空港から出ている。



最近の記事