エスメラルダス、ワニでパニック

2013年09月19日 05:59

El Universoの記事
エクアドルエスメラルダスの市街地にワニが現れ、パニックとなった。

16日、この事態が起きたのは市内のロス・マンサノスとラ・ビクトリアの両地区だ。
ワニの一種であるカイマンが現れたのは、地域を流れるテアオネ川だ。
1頭は体長2メートルの雌で、もう1頭はそのこどもとみられている。

発見現場から60メートルの家に住む夫婦は、恐怖を感じたと取材に答えた。
「家にこどもが10人おり、どう守ろうか考えた」
この川では先月にも、やはりワニの目撃情報があったという。



最近の記事