BoA、サンタクルス新オフィス

2013年09月19日 08:45

Jornada Netの記事
国営ボリビアーナ航空(BoA)は、サンタクルス市内に新たなオフィスを設けた。

24日のサンタクルスの開府記念日を前に、新オフィスでの営業を始めたという。
この新しいオフィスは、第2環状線の「セブン・センター」内に設けられた。
153.2平方メートルの空間を借り受けたという。

新オフィスは1階が窓口で、2階が事務所となっている。
BoAはボリビア政府が設立したフラッグキャリアで、2009年に国内線に進出した。
昨年アエロスールが破綻したことを受け、現在は国内線、国際線ともにシェアトップとなっている。



最近の記事