エルアルト、鶏肉消える

2013年09月19日 08:51

Erbolの記事
ボリビアラパスエルアルトの市場から、鶏肉が姿を消してしまったという。

鶏肉は、ボリビア国民の食卓を支える、重要な食材だ。
エルアルト市内の市場の店舗から、鶏肉がすっかり、消えてしまった。
供給量の不足が原因とみられるが、市場関係者も理由がよく分からないという。

鶏肉の需給バランスが崩れ、価格が上昇していることは先週から、伝えられていた。
国内ではコチャバンバスクレで価格が高騰し、キロ当たり25ボリビアーノに達している。
先週まで、鶏肉のこの価格は、概ね15~16ボリビアーノだった。



最近の記事