テレフェリコ、2線も来年着工へ

2013年09月19日 09:15

Página Sieteの記事
ボリビアラパスの「テレフェリコ」(ロープウェイ)2路線も、来年着工されるという。

アルバロ・ガルシア・リネーラ副大統領が18日、見通しを示したものだ。
ラパスエルアルトを結ぶ、都市交通型のテレフェリコの建設が進められている。
建設されるのは国旗の色にちなむ赤線、黄色線、緑線の3路線で、このうち赤線はすでに着工済みだ。

ガルシア・リネーラ副大統領によると赤線の現在の進捗率は35%だという。
工事は来年上半期の開業に向け、順調に進んでいる。
また黄色線については来年7月、緑線については同じく9月に着工される見通しだという。

このテレフェリコは、実績があるオーストリアのドッペルマイヤー社の協力で建設されている。
国内ではコチャバンバに観光用テレフェリコはあるものの、都市交通型の整備は初めてだ。



最近の記事