コルドバ、林野火災再燃

2013年09月20日 06:16

Clarín.comの記事
アルゼンチンコルドバ州では、林野火災が再燃している。

コルドバ州では先週にかけ、各地で林野火災が起きていた。
とくにカラムチタ谷を中心に、合わせて9万5千ヘクタールを焼いている。
消防による消火活動で、これらの火は鎮火したと発表されていた。

しかし一帯での高温と強風の影響で、再び火の手が上がっているという。
クリスティナ・フェルナンデス大統領が、空からカラムチタ一帯の被害を視察した直後の、再燃だ。
国内では北はフフイ州から南はリオ・ネグロ州にかけ、林野火災が相次いでいる。



最近の記事