リネアC、自殺未遂で止まる

2013年09月20日 06:27

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレススブテ(地下鉄)で19日朝、自殺未遂があったという。

事件が起きたのはリネアCのサンフアン駅だ。
一人の男性が、ホームに入ってきた列車の前に、身を投げたという。
男性は駅の職員らにより救出され、市内の病院に運ばれている。

男性は重傷を負っているものの、命に別状はないという。
この事件の影響で、リネアCはレティーロと5月通り駅の間で一時、運転を見合わせた。
2つのターミナル駅を結ぶリネアCは、一日を通して利用者が多い。



最近の記事