サクサイワマンで自殺未遂

2013年09月20日 07:21

Correo Perúの記事
ペルークスコサクサイワマンで外国人観光客が、自殺を図ったという。

自殺を図ったのは27歳のドイツ人男性だ。
この男性が、サクサイワマンの遺跡公園内に倒れているのを、警備員が発見した。
男性はクスコ市内の病院に運ばれ、手当てを受けている。

この男性は家族とともに、クスコを訪れていた。
17日朝、この男性の姿が見えなくなったとして、55歳の父親が警察に捜索を依頼していた。
家族によるとこの男性は重度の鬱を抱えていたという。

タクナ、チリ女性が自殺(8月18日) ■クスコ、自殺都市(6月29日)



最近の記事