ペルー、空港に薬物チーム

2013年09月20日 07:36

La Repúblicaの記事
ペルー交通通信省は、国内のおもな空港に「対薬物特別チーム」を設置する。

このチームは、薬物の捜査や分析、捜索を専門に行なうものだ。
ペルーのみならず南米各国では、薬物の流通が大きな社会問題となっている。
空港は、こうした薬物の流れの拠点でもあり、管理を強化する方針だという。

まず最初のチームは、リマホルヘ・チャベス空港に、今月中に設置される。
今後このチームは、クスコアレキパイキートスなど国内のほかの空港にも置かれる見通しだ。



最近の記事