バーガーキングに制裁

2013年09月20日 08:42

Página Sieteの記事
ボリビアでは、バーガーキングの運営会社に、制裁金が科せられた。

制裁が科せられたのは、ボリビアン・フーズ社だ。
同社はバーガーキングやサブウェイといったファストフード店をフランチャイズ展開している。
ボリビア労働省は同社に対し、2万ボリビアーノの制裁金支払いを課した。

この制裁は、バーガーキングの職員に対し、適切な賃金払いをしなかったことを受けた判断だ。
職員らは行政に対し、運営会社が労働者の権利を守らなかったとして、訴え出ていた。
ボリビアン・フーズは、エボ・モラレス大統領と対峙する、サムエル・ドリア・メディナ氏がオーナーを務める。

ボリビアでは2002年12月にマクドナルドが撤退し、一部店舗をバーガーキングが引き継いでいる。



最近の記事