オルーロセメント、22%供給

2013年09月20日 08:47

Página Sieteの記事
ボリビアオルーロ県に建設されるセメント工場は、国内の22%を供給するという。

ボリビア政府は、オルーロ県に国営セメント工場を設ける計画を示した。
国内では建設需要の高まりで、セメントの品薄感が続いている。
緊急にペルーなどから輸入するケースもあり、建設コストの増大の一因となっていた。

新たに設けられるプラントは、年間110万トンのセメントを生産する。
このセメント量は、国内需要の22%を占めることになる。
現在国内ではサンタクルスコチャバンバチュキサカの各県にセメント工場がある。



最近の記事