ADSL、半額へ

2013年09月21日 08:46

Página Sieteの記事
ボリビアでは来年、ADSLの料金が50%、引き下げられるという。

交通通信省のクリフォード・パラビシニ氏が明らかにしたものだ。
ADSLの契約料金を、2014年5月から50%引き下げるという。
国民間でのインターネットの普及を促すことが目的だ。

この引き下げにより、1ギガビットあたりの料金は6ドルとなる。
パラビシニ氏は、この措置でボリビアは、南米でももっともネット利用が安価になると語った。
また今後、国内では50万人にとどまるスマートフォン利用者についても、増加を後押しする方針を示している。



最近の記事