コスタ、アブラヤシの危機

2013年09月22日 06:14

El Universoの記事
エクアドルのアブラヤシ生産が、危機に瀕しているという。

コスタ(海岸)では、ヤシ油を産出するためのアブラヤシの生産が盛んだ。
これらのヤシ油は、化粧品類や石鹸、マーガリン、飼料などに使用されている。
しかしこの油の取引価格が大きく落ち込み、生産現場が打撃を受けている。

この国際価格はピークとなった2012年7月には、1トンあたり1240ドルをつけていた。
しかし今この価格は800ドル程度に落ち、国内では生産しても利益が出にくい状況となっている。
生産が多いエスメラルダスの農園では、ほかの作物への転作を検討する動きも出始めている。



最近の記事