自然保護区でまた火災

2013年09月22日 06:21

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレス州の保護区内で、また火災が起きた。

火災が起きたのはカンパーナのオタメンディ自然保護地域だ。
この保護区内の自然林450ヘクタールを焼いたという。
20日15時頃に出火し、消火活動により21日未明には鎮火している。

この火は、何者かによる不始末が原因とみられている。
ソル高速道では、この火災による煙に誘発されたとみられる交通事故も起きた。
ブエノスアイレスではプエルト・マデーロのコスタネラスール生態保護区で、火災が相次いだばかりだ。



最近の記事