ウカヤリ、豪雨被害

2013年09月22日 07:13

La Repúblicaの記事
ペルーウカヤリ県では先週、豪雨による被害が生じた。

同県が悪天候に見舞われたのは18日から19日にかけてだ。
大雨と強風により、同県内各地で被害が生じている。
被害が大きかったのはカジェリア、ヤリナコチャ、マンタライといった地域だ。

マンタライでは住宅の倒壊や、アンテナが倒れるなどの被害が報告されている。
また県都プカルパでも雨で下水システムが追いつかず、市内の幹線道路の多くが水に浸った。
またサンラファエルでは高圧電線が落下し、きょうだい2人が感電する事態も起きている。



最近の記事