ランバエケ、チムーの墓

2013年09月22日 08:05

Perú21の記事
ペルーランバエケ県で、チムー文化期の墓が見つかったという。

墓が見つかったのは県都チクラヨ近郊の、ポマルカだ。
サルトゥールの発掘現場で、女性が埋葬されている場所が見つかった。
この女性は30代ぐらいで、膝を曲げた、南側を向いた状態で埋葬されていた。

考古学者のルイス・チェロ・スリタ氏によると、この墓はチムー文化期のものと推測されるという。
チムー文化は先インカ時代のもので、ラ・リベルタトルヒーリョチャンチャン遺跡で知られる。



最近の記事