マテ高騰はカタストロフ

2013年09月23日 06:05

El Paísの記事
ウルグアイホセ・ムヒカ大統領は「カタストロフだ」と語った。

国連総会参加のためニューヨークに発つ前、モンテビデオでメディアに語ったものだ。
同大統領がカタストロフと表したのは、イェルバ・マテの価格高騰だ。
この価格上昇により、ウルグアイの文化が損なわれるおそれがあると、危機感を示した。

ウルグアイでは多くの国民が、マテ茶を楽しみ、回し飲んだりする。
しかしこの茶葉であるイェルバ・マテは、需要増加により価格が大きく上昇している。
ウルグアイだけでなく、同様にマテ茶文化があるブラジルアルゼンチンパラグアイでも同様だ。

ムヒカ大統領は、イェルバ・マテの増産の必要性を指摘したが、「一朝一夕では難しい」とも語った。



最近の記事