自転車を奪い14年の刑

2013年09月23日 07:56

Perú21の記事
ペルーラ・リベルタ県で自転車を奪った男に、14年の刑が言い渡された。

トルヒーリョの裁判所が刑を言い渡したものだ。
昨年12月3日、事件が起きたのはトルヒーリョのラレド地区だ。
22歳の男が、刃物でこどもを脅し、自転車を奪ったものだ。

男はこの自転車を売り払おうとしていたという。
また当時この男は酒に酔った状態であったことも分かっている。
司法は男にこの刑を言い渡すとともに、被害者に800ソルを支払うことも命じた。



最近の記事