ケニア、ペルーの医師が死亡

2013年09月23日 08:09

Correo Perúの記事
ケニアナイロビのテロ事件で、ペルーの医師が犠牲になったという。

21日、ナイロビの商業施設「ウェストゲート」で、事件が起きた。
武装グループによる襲撃で60人以上が死亡し、160人以上が負傷している。
またこの施設内では、武装グループが人質を取り、立てこもっていることが伝えられている。

この事件で、プーノ県出身のフアン・ヘスス・オルティス・イルリ医師が死亡したことが明らかになった。
64歳の同医師は、国連機関に努め、アフリカで25年、生活していた。
たまたま訪れたこの商業施設で、事件に巻き込まれたとみられる。



最近の記事