スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LAB、創業88周年

2013年09月23日 08:38

Los Tiemposの記事
ボリビアの老舗航空会社ロイド・ボリビアーノ航空(LAB)は先週、創業88年を迎えたという。

LABは国内で初めて、商業航空便を運航する航空会社として設立された。
ボリビアのみならず、ラテンアメリカでも最古参の航空会社だ。
同社が運航を開始したのは1925年9月15日で、先週88年を迎えたという。

同社の設立は、国内交通網としての鉄道整備から派生した。
コチャバンバサンタクルス間の鉄道敷設が、地形上の問題から難しいと判断された。
そこで、この鉄道建設に関わったドイツ企業から航空機を譲りうけ、航空会社が設立されたのが最初だ。

LABは長い間フラッグキャリアとしてボリビアの空の交通を支えた。
しかし2006年から、経営や財政の問題が噴出し、翌年には全便を停止している。
同社は企業としては損存しているもののペーパー上の存在で、休眠状態にある。
同社と国内線シェアを争った民間航空会社アエロスールも昨年、経営破綻した。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。