ペルー、欧州へのビザ免除へ

2013年09月25日 07:41

Travel Updateの記事
ペルー国民は、欧州の多くの国々に短期滞在する際、ビザが免除される可能性が高まった。

スペイン政府が欧州委員会に対し、働きかけているものだ。
同国などが加盟するシェンゲン協定の各国は現在、入国するペルー国民にビザ取得を義務づけている。
観光やビジネスなどで短期滞在するペルー国民の、ビザ免除をスペインが求めたものだ。

ペルーコロンビア、チリ、メキシコの4か国はアリアンサ・デル・パシフィコ(太平洋同盟)を形成している。
経済連携などを強めるこの4か国だが、ペルーコロンビアの国民は、欧州へのビザが必要だ。
スペインはこの経済ブロックへのビザの措置の統一適用を求めている。

今のところこの免除案に、テロ問題などからフランスなどが疑問を呈している。
一方でポルトガルチェコの2か国は、スペイン案への支持を表明した。
現在シェンゲン協定国は南米のこの2か国のほか、エクアドルボリビア国民にビザを義務づけている。



最近の記事