ワヌニ、錫生産倍増へ

2013年09月26日 09:09

La Patríaの記事
ボリビアオルーロ県のワヌニ鉱山は、錫(スズ)の産出量を倍増させる。

鉱山の運営会社が明らかにしたものだ。
同鉱山は現在、1日あたり1400トンの錫を生産することができる。
新たなプラントを導入し、2014年にはこの生産可能量が3000トンとなるという。

ワヌニ鉱山は、国内有数の錫鉱山だ。
今回の新プラント導入で、生産コストを抑えることができ、利益率も上昇する見通しだ。
国際市場での価格変動のリスクを抑える効果も、期待できる。



最近の記事